車止めブロックとポールの業界最安に挑戦中!専門のアドバイザーがご提案します!

0120-085-522

おすすめ車止めポールをピックアップ!

サンポール ピラー用

ナスカン

価格:500円

なぜかお問い合わせが多いピラー用ナスカンです。

TOEX スペースガード

オプションポール F48埋込式 取替え用

価格:16,900円

車が衝突して曲がってしまった際におすすめの替えポールです。いろいろなタイプがありますので、ご自宅の商品をご確認ください。

セトクラフト ホームファニシング

クローズゲート(リトルバード) SI-1055-950 チェーン3本付き

価格:8,200円

置くだけの簡単設置です。届いたその日から使えるおしゃれな簡易式車止めです。

サンポール ピラー

FPA-7U

価格:3,300円

サンポールのスチール製ポールとなります。当店の底値商品です。

三協立山アルミ

BTB-48UDN

価格 20,700円

上下式のチェーン通過型タイプのビポールらしいモデルです。

サンポール ガードコーン RBH-65

価格:23,600円

サンポールのガードコーンのHタイプモデルです。カラーを選ぶことができます。

帝金 イルミーナ

LIM01A AC100V仕様 固定式

価格:137,700円

AC100V仕様の光るポールです。完全受注生産品となります。

TOEX スペースガード

LNF16 F48型

価格:9,900円

直径48mmの固定タイプの一番スタンダードなモデルです。

帝金 ACT-01A

メタリックチタン

価格:68,900円

アルミキャスト製のローボラートです。デザイン性に富んだボラート。

車止めブロック・ポール専門店のキロです

 

車止め、スロープ専門店のキロではでは専門店として品数を3000アイテムご用意いたして、みなさなのご要望にお答えしています。

主要メーカーのサンポール、帝金、TOEX、三協立山アルミ、オンリーワン、等の商品を取り揃えています。車止めブロック・ポールは一般の日常で

なかなか目にするものでもなく、いざご自身が必要となった時に何を目安に購入をしたらいいのかわからない等、こちらのサイトを

参考にご購入していただければ、ありがたいと思います。

車止めには、公共系や商業系に多いスチール製や一般住宅などに使われやすいステンレス製や公園やデザインに凝った場所

に使われる樹脂やゴム系の素材と多岐にわたり、またサイズも何が基準なのか、いろんなサイトを見られてもわかりかね、施工方法や

拾い出しの仕方など様々な角度からお客様の声を拾い上げたページになっておりますのでぜひご参考下さい。

キロでは車止めのの専門店として日本全国のメーカー様とお取引をできるように常にアンテナを貼り、様々な商品をお取扱いをしております。

もし、お探しの商品がない場合、メールにてお問い合わせください。

また最近ではスロープにも力を入れています。段床解消のトップメーカーのミスギの商品も全アイテム特別価格にて販売中です。

 

 

 

 

TOEX スペースガード 上下式車止めの交換部品

 

スペースガード品揃え日本一のキロでの販売でも特に引き合いが多いのが、スペースガードの取り換え部品です。スペースガードの上下式のモデルは

ポール部分を交換する事ができます。 上下式の場合、出たり入ったりするため、常にその場にあるものでもないので

ぶつける度合いが多いようです。そこで地中に埋め込んである管の部分は、触らずにポールの交換部品がメーカーで

用意されています。名称は「オプションポール」となっています。

ただしこちらの商品ほとんどが受注生産となっており、納期までに速くて2週間遅くて3週間くらいかかりますのでご注意が必要です。

 

おしゃれな車止

ありますよ 車止め専門店のキロならあります。何せ3000アイテムを越す商品ラインナップです。天然石、天然木、コンクリート製、樹脂、ゴム系なんでもありです。

しかし、ガラス製や発泡スチロール製、アルミ製は見たことないですよね。素材自体に補強が必要だからしょうがないかもしれませんが。

 

こちらはオンリーワンの珍しい動物のカーストッパー・車止めです。

形状もラウンド上で夜間など躓きやすい場合でも、この形状が安全対策にもなりますね。

 

 

こちら珍しいですよ。 木製のカーストッパーです。私も最近、初めて知りました。こちらのタイプはLED仕様もありますので

用途に合わせてお選びいただけす。サイズも2サイズありますよ。

 

 

こちらは大手メーカーのYKKAPの車止めです。

やはり大手メーカーが作るとスタイリッシュですね。だけど施工性はあまりよくなさそうですね。

取付部品を現地で加工しなければならないので難しそうです。

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP